トップページ > 京都建物の住まい > 構造について

京都建物の住まい マイホームは世界で一番素敵な場所

構造について

木の柱と梁を組んで建てていく在来軸組工法は高温・多湿という日本の自然環境の中で生み出され育まれてきたものです。昔は釘や金物などを使わず、接合する箇所は継ぎ手や仕口(しくち)といったものが使われていて、「在来工法は地震に弱い」といわれてきました。しかし近年では金物が発達したために、接合する箇所に特殊なカタチをした金物を使うようになりました。それにより以前の建物より強度や耐震性能が数段高くなっています。 また設計の自由度が高く多彩なプランに対応できるという長所もあります。将来の増改築も行いやすいというメリットもあります。

耐久性・耐震性に優れた基礎づくり

鉄筋コンクリート造ベタ基礎

建物下の地盤全体に鉄筋を配し、そこにコンクリートを流し込む鉄筋コンクリート造りベタ基礎を標準採用しておりますので、コンクリート面全体で建物を支え、地震や台風などからの縦・横・斜めからの荷重や衝撃を効果的に地面へ逃す優れた工法です。

外壁通気工法

外壁材と構造躯体との間に通気層を設け、結露を防ぎ、建物の劣化を軽減。機密性を維持しながら、壁体内の湿気をスムーズに外へ排出します。

基礎パッキン工法

床下の隅々まで自然の風を行き渡らせるパッキン工法。床下の湿気を排出して理想的な床下環境をつくり、腐朽菌やシロアリの発生を未然に防ぎます。

剛床工法

床をひとつの面として床全体を一体化し非常に剛性を高めております。横からの力に強く地震のときは、ねじれを防ぎ、耐震性を高めてあります。

束柱

大引を受ける束柱は強度の高いプラスチック製。白蟻の心配もなく施工後の高さ調整も可能です。床下はコンクリートですので白蟻が好むジメジメ感はありません。

建物をより強化する接合金物

接合金物

柱や梁の接合部で接合金物を使用し、建物全体の耐震性を向上させております。

ホールダウン金物

地震、台風など縦・横・斜めからの大きな負担から柱と土台・柱と柱などの接合部を守り、歪みや土台からの剥離を防ぎます。

『次世代省エネ基準(温熱等級4相当)』に適合した性能をもつ「次世代省エネ住宅」

次世代省エネ住宅の基準を満たす断熱材を採用。
外気の急激な温度変化の影響を受けにくくお家の中をいつも心地良い温度に保ちます。さらに高断熱のLow-E複層ガラスは窓面につく結露をグンと減らし、掃除が楽に。そしてカビやダニなどの心配が少なくなるなど光熱費だけでは語れないメリットがたくさんあります。

フラット35S対象

当社建物は「優良住宅取得支援制度 フラット35S」の対象となります。
長期固定金利住宅ローンでの金利が優遇されます。

京都建物の施工事例集 お客様の声 注目物件 近鉄大久保駅新築テナント募集!」 ご購入ガイド&サポート 買取システム
PAGETOP
資料請求・お問合わせ
Copyright(c) 2012 京都建物 Co.,Ltd. All Rights Reserved.