Concept

こだわり
3

構造について

理想の家にしたいから、
大切なご家族を守る
強い家づくりを目指しました。

建築構造

在来軸組工法

木の柱と梁を組んで建てていく在来軸組工法は高温・多湿という日本の自然環境の中で生み出され育まれてきたものです。

昔は釘や金物などを使わず、接合する箇所は継ぎ手や仕口(しくち)といったものが使われていて、「在来工法は地震に弱い」といわれてきました。しかし近年では金物が発達したために、接合する箇所に特殊なカタチをした金物を使うようになりました。それにより以前の建物より強度や耐震性能が数段高くなっています。

また2×4(ツーバイフォー)や2×6(ツーバイシックス)に比べて設計の自由度が高く多彩なプランに対応できるという長所もあります。将来の増改築も行いやすいというメリットもあります。

自然の木の良さを結集した
画期的な木材料
「集成材」を採用

集成材とは大きな節や割れなどの欠点を取り除き、その繊維方向を平行に揃えて、厚さ、幅、及び長さの方向に集成接着した木質材料です。

含水率を15%以下に乾燥するとともに、木材特有の欠点を取り除いていますので、狂い、反り、割れなどが起こりにくく、強度の安定性もあります。人工素材にはない木の良さを活かした材料であり、木の温もりのある生活を創造しております。

耐久性・耐震性に
優れた基礎づくり

  • 鉄筋コンクリート造ベタ基礎

    鉄筋コンクリート造ベタ基礎

    建物下の地盤全体に鉄筋を配し、そこにコンクリートを流し込む鉄筋コンクリート造りベタ基礎を標準採用しておりますので、コンクリート面全体で建物を支え、地震や台風などからの縦・横・斜めからの荷重や衝撃を効果的に地面へ逃す優れた工法です。

  • 基礎パッキン工法

    基礎パッキン工法

    床下の隅々まで自然の風を行き渡らせるパッキン工法。床下の湿気を排出して理想的な床下環境をつくり、腐朽菌やシロアリの発生を未然に防ぎます。

  • 外壁通気工法

    外壁通気工法

    外壁材と構造躯体との間に通気層を設け、結露を防ぎ、建物の劣化を軽減。機密性を維持しながら、壁体内の湿気をスムーズに外へ排出します。

  • 剛床工法

    剛床工法

    床をひとつの面として床全体を一体化し非常に剛性を高めております。横からの力に強く地震のときは、ねじれを防ぎ、耐震性を高めてあります。

  • 束柱

    束柱

    大引を受ける束柱は強度の高いプラスチック製。白蟻の心配もなく施工後の高さ調整も可能です。床下はコンクリートですので白蟻が好むジメジメ感はありません。

建物をより強化する接合金物

  • 接合金物

    接合金物

    柱や梁の接合部で接合金物を使用し、建物全体の耐震性を向上させております。

  • ホールダウン金物

    ホールダウン金物

    地震、台風など縦・横・斜めからの大きな負担から柱と土台・柱と柱などの接合部を守り、歪みや土台からの剥離を防ぎます。

延焼を遅らせる
「省令準耐火」構造。

住宅火災保険にもメリットがあります

耐震等級3対応

建物の強さを表す指標として、品確法の住宅性能表示での耐震等級があります。
最低の基準として建築基準法の範囲内を等級1、建築基準法の1.25倍の強さを等級2、建築基準法の1.5倍の強さを等級3として、3段階の耐震等級が設けられています。

住宅性能表示基準の耐震等級

今の建築基準法通りに建てると、基本的には地震が生じても家が倒壊する可能性は低いのですが、震度7程度の地震がくると「損傷」する可能性はあると言えます。これはあくまで確率的な問題になりますので、実際に生じる地震の「性質」によって、建物への影響は変わることになります。当社ではお客様の安全と資産を守るという観点から、耐震等級3の建物をお勧めしております。

住み継がれるクオリティの証。建物は10年間、地盤は20年間保証
自社一貫によるトータルプロデュース
充実したアフターサービスシステム「住まいQQ隊」