Blog

スタッフの様々なBlogです

2017.12.04
#スタッフブログ

▶ニーチェと京都と年末年始◀

▶ニーチェと京都と年末年始◀
こんにちは!
京都建物㈱総務部の百田です!

やっと、暑いが終わった……とおもいきや、
いつの間にかすっかり寒くなりましたね(゜-゜)

12月に入り、一年も終わりが近づいてくると
"師走" の字のごとく何かと慌ただしい日々が続きますが!!!!

体調を崩さないように頑張っていきたいと思います◎


12月といえば大掃除ですが
当社の12月号ニュースレターでは年末大掃除企画としまして
▼水廻りのクリーニングパックをご案内!!
是非是非、ご覧下さい♬♪

お問い合わせはこちら ▷ 0120-84-0016
もしくは、お問い合わせフォームより
/些細なご質問でもお気軽にどうぞ\

さて、今回は

読書の秋!

というにはずいぶんと寒くなってしまいましたが、
私が最近読んだ本をご紹介したいと思います(`´)
皆様は「京都本大賞」という賞をご存知でしょうか?
http://prizesworld.com/prizes/various/kytb.htmより引用)

私は最近まで知らなかったのですが・・・

京都府内の書店や出版社で構成された実行委員会が
平成25年より毎年開催しており、今年で5回目となるそうです!

過去1年間のあいだに出版された京都を舞台にした作品で、
最も地元の人に読んで欲しいと思う作品を決めるというものだそうです(^^)
先日、その大賞が決定したというニュースをインターネットで見て

これは地元民として、

京都の会社で働く者として、


ぜひ読まなくてはならない!
と思い、大賞作品を購入しました!!✧

「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」
(原田まりる著)
他にも綿矢りささんや、塩田武士さんの作品が最終ノミネート候補だったようです!
 
恥ずかしながら、著者も作品名も初めて聞く名前だったので
調べてみたところ原田まりるさんは京都府出身の元アイドルだそうで、
現在は『哲学ナビゲーター』として活動されているそうです!

"哲学の道"の近くで生まれ育ったそうで、
京都を舞台にしているのも、なるほど。と思いました!(^^)! 

肝心の作品の中身は、
17歳の女子高生である主人公のもとに
ニーチェが他人の体を借りて現れて、哲学について教えてくれる・・


というタイトル通りのものでした◎


『哲学』と聞くと一見堅苦しく、小難しそうですが
そこは元アイドルというべきか、17歳という若者を主人公にし、
芸能や文化など今の時代に合わせた切り口で馴染みやすく、
たいへん分かりやすい内容となっていました♪
 
ニーチェのほかにも、
サルトルハイデガーといった偉人たちが現代に現れ、
哲学について分かりやすく解説してくれます◇◆

また、哲学の道はもちろんのこと、
御所京都大学など京都の有名な場所も出てきますので
地元民にはとてもイメージが湧きやすいかと思います♪♬
 

文体も意識して改行を多くし、砕けた表現を用いているようで
普段本をあまり読まない方や若い方でも親しみやすいように工夫されています(゜゜)

人生に役立つ言葉が随所に散りばめられいますので・・

哲学に興味がある方はもちろん、
全く知らない方でも楽しめる一冊だと思います


ご興味のある方は、年末年始のお休みに手に取ってみてはいかがでしょうか?



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 
次回の京都建物スタッフブログ は
営業部の『 柳原 』がお届けいたします♪
 
  
■京都建物SNS情報■
▶「facebook」
新着情報やイベント情報が満載です♪
是非チェック、いいね!してみて下さい♪
https://ja-jp.facebook.com/kyototatemono/
 
▶「twitter
新着情報やイベント情報など 新着情報をツイートしております!
(^^)/ フォローよろしくお願いします!
https://twitter.com/kyotate
 
▶「instagram
写真で京都建物の雰囲気をお伝えしております!(^^)!
KYOTOTATEMONO_

----------------------------------------------------------------
京都府下全域不動産買取強化中!
家を売るのもリフォームも京都建物にお任せ下さい!
----------------------------------------------------------------